2010年05月27日

<濃霧>九州北部で発生 関門海峡は入航中止(毎日新聞)

 九州北部と山口県内は20日深夜から21日昼前にかけ、濃い霧が発生した。下関地方気象台によると、暖かく湿った空気が海上や放射冷却で冷やされた「移流霧」。下関市では21日未明に視界が約300メートルまで低下した。

 山口、福岡、佐賀、大分の4県で濃霧注意報が発令され、関門海峡では21日午前1時半、門司海上保安部が入航中止を勧告。海峡の東西両端では計60隻を超す船舶が待機した。また、山口宇部空港では航空機の出発が霧のため45分遅れた。【取違剛】

【関連ニュース】
<関連写真>きのうは大阪で濃霧
<写真特集>濃霧:すっぽり明石海峡大橋
<写真特集>「天空の城」 雲海に浮かぶ竹田城跡
<写真特集>黄砂:全国で観測
<関連記事>1973(昭和48)年11月14日 関門橋が開通

建設弘済会など検証=公益法人仕分け3日目―刷新会議(時事通信)
社民党 普天間移設の政府対処方針に反対 閣議署名も拒否(毎日新聞)
参院選敗北なら首相退陣=公明・みんなと連立も―渡部氏(時事通信)
<事業仕分け>20日から後半 駆け引き本格化(毎日新聞)
クリントン米国務長官が21日来日 普天間、北朝鮮への対応を協議(産経新聞)
posted by シラクラ イサオ at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

中大で替え玉受験 合成写真見抜けず、合格取り消し(産経新聞)

 昨年2月に行われた中央大学理工学部の平成21年度入試で、志願者になりすました男性が自分と志願者の合成写真を受験票にはり付けて替え玉受験をしていたことが10日、文部科学省への取材で分かった。会場では見抜かれず、この志願者は一度は合格となったが、同大は不正把握後に合格を取り消していた。

 文科省大学振興課によると、志願者は浪人中の男性で、他大学に通う男子大学生が本人に成りすまして替え玉受験をしていた。2人は知り合いだった。

 試験会場では監督官が受験票の顔写真で本人確認を行ったが、合成写真と見抜けなかった。昨年3月に替え玉受験を告発する文書が同大に届き、同大は調査委員会を設置。本人が替え玉受験を認めたため、4月16日に合格を取り消した。

 同大は再発防止策として、今年度の募集要項に替え玉受験が不正行為であることを明記。さらに志願者と受験票の顔写真との照合を徹底するとともに、答案と入学手続きの筆跡を調べるなどしている。

<NHK経営委>倉田真由美氏と幸田真音氏ら 人事案提示(毎日新聞)
DPC病院拡大で後発品売上高が20%増加―日本ケミファ(医療介護CBニュース)
男性の死亡認定取り消し=失跡後、北朝鮮でかつて生存−海保(時事通信)
主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)
介護保険の「制度外サービス」、65%が制度の補完に利用(医療介護CBニュース)
posted by シラクラ イサオ at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。