2010年01月27日

都議補選・島部選挙区は自民が民主破る(読売新聞)

 自民党都議の死去に伴う東京都議会・島部選挙区(定数1)の補欠選挙は24日、投開票が行われ、自民新人の三宅正彦さん(38)が民主新人の池田剛久さん(44)(国民新推薦)を破り、初当選した。

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件の捜査が進む中、鳩山内閣への支持を占う選挙戦としても注目を集めたが、自民は昨夏の都議選で唯一守った「1人区」を大差で維持した。

 自民党都連の幹部は「圧勝できたのは大きい。民主の風が止まった」と話した。伊豆、小笠原両諸島の9町村11島からなる同選挙区は、伝統的に保守系が強いが、民主党都連の幹部は「政治とカネの問題が影響しなかったとは言えない」と言葉少なに語った。

<原口総務相>検察側への注文だった…「関係者」発言で弁明(毎日新聞)
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)
「ミスさっぽろ・雪の女王」に清沢、菅野さん(読売新聞)
<センター試験>得点調整は実施せず(毎日新聞)
押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に(産経新聞)
posted by シラクラ イサオ at 01:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。