2010年03月25日

ナシ 受粉作業ピーク 福岡・朝倉(毎日新聞)

 福岡県朝倉市でナシの花の受粉作業が最盛期を迎えている。

 同市の荷原梨団地にある渕上洋さん(58)のビニールハウス内では、125本の「幸水」の木に白い花が満開。先に鳥の羽根を付けた棒で石松子(せきしょうし)という増量剤に花粉を混ぜ、丁寧に雌しべに着けていく作業が行われていた。

 「幸水」は甘味が強くて人気。ハウスものは天候に左右されず花は順調に咲いており、ほぼ例年通りの収穫が期待出来そうという。 渕上さんは「安全で安心なナシを作るように心がけている。是非甘くて美味しいナシを味わって欲しい」と話す。【矢頭智剛】

【関連ニュース】
ナシ:春を告げる開花 ハウスの「幸水」満開 /大分
香住梨高品質コンクール:「日本一に」 福本さんら9人表彰 /兵庫

久留米の保険金殺人、元看護師の死刑確定へ(読売新聞)
子ども手当、高校無償化 関係者からさまざまな声(産経新聞)
郵政改革 亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承(毎日新聞)
<足利銀行訴訟>元専務に18億円支払い命じる 宇都宮地裁(毎日新聞)
G8財務相会合、見送りへ=G20の存在感強まる(時事通信)
posted by シラクラ イサオ at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。